ちいさがた福祉会花

ちいさがた福祉会からお知らせ

ちいさがた福祉会全般 こころ フォーレスト ともがき さんらいずホール

ちいさがた福祉会からのお知らせです

新型コロナウイルス「ワクチン接種」について
2021/04/19

 平素より当法人の事業運営にご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございます。
さて、新型コロナウイルスワクチン接種につきまして、医療従事者、65歳以上の高齢者を優先に開始するという国の方針が示される中で、このたびは当法人の特養・グループホーム・小規模多機能型居宅介護事業所の入所者と共に、職員全員に対する優先接種をご配慮頂きましたことを衷心より感謝申し上げます。
当法人は、昨年2月より新型コロナウイルス感染予防対策として、様々な対策を講じて参りましたが、今回の他に先がけてのワクチン優先接種をご判断頂きました意味を法人全職員であらためて確認し、今までの対策がワクチン接種で終わりではなく、これからが社会福祉法人の使命を果たす本当の意味でのスタートと考え、利用者を守る事を最優先に今後は地域を守る事の責務を果たして参る所存です。

社会福祉法人ちいさがた福祉会
理事長 太田 心平
業務執行理事兼対策本部長 茅野 隆徳

PDFファイル[14-1.pdf]

 

 

新型コロナウイルス感染症対応について
2021/04/09

平素より当法人の事業運営にご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございます。
さて、新型コロナウイルス感染対策につきましては、現在、東御市より他に先がけてのワクチン接種が示され、市と連携しての準備が進められております。しかしながら、全国的に第4波と言われる感染拡大が進み、東御市でも毎日のように発生が報告され、上田圏域の県基準の警戒レベルが4の特別警報1に引き上げられるという現状から、一刻の猶予も許されないと言う危機管理意識があらためて必要な時期であるとも認識しております。当法人は、昨年2月より新型コロナウイルス感染予防対策として、職員自らの危機管理意識の徹底を図ることを最重点とした様々な対策を講じ、いち早く抗体検査、抗原定量検査、PCR検査を自主的に進め、又、今年1月の法人内陽性者発生から収束に至るまで、常に職員・利用者共に「いのちを守る事」を最優先とした対応を図って参りました。ワクチン接種が間近に迫った中で、感染拡大傾向にあるこの時期にこそ、あらためて職員の危機管理意識の再確認の意味を込めて、令和3年3月29日〜令和3年4月6日にかけて、法人全職員を対象とした抗原定量検査を自主的に実施し、全職員の陰性が確認されたことをここにご報告申し上げます。法人全職員がより一層の危機管理意識を持ち、今後も万全な体制で感染防止に取り組んで参ります。

社会福祉法人ちいさがた福祉会
理事長 太田 心平
業務執行理事兼対策本部長 茅野 隆徳

PDFファイル[13-1.pdf]

 

 

改正次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画について
2021/04/05

 改正次世代育成支援対策推進法に基づく当法人の一般事業主行動計画を公表します。

PDFファイル[12-1.pdf]

 

 

新型コロナウイルス感染者の発生と今後の対応について 第6報
2021/02/22

平素より当法人の事業運営にご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございます。
さて、このたびの障がい及び介護サービス事業所で発生しました新型コロナウイルス感染症につきまして、事業休止期間中、ご利用者様、ご家族の皆様にはご不便、ご心配をおかけしましたことをあらためましてお詫び申し上げます。おかげ様で、2月14日をもちまして休止をしておりました法人内3事業所全ての営業が再開されました。
当法人は、県より発信された県内第1号の新型コロナウイルス陽性者発生の報を受けた昨年2月に、感染症予防対策委員会を設置し、利用者家族面会制限、換気、消毒液設置等環境面整備、職員の自己管理として1日4回の検温結果、健康チェック、行動範囲等「自己管理ノート」への記録、県外外出予定表の提出義務付け、利用者の検温、体調管理シートの記入等を決め、職員自らの危機管理意識の徹底を図りました。又、利用者の安全確保のために職員が自らを守る事を目的として、6月に全職員及び特養入所者、グループホーム入所者を対象に抗体検査を実施しました。予防対策強化として、感染症対策マニュアルの作成、感染管理認定看護師招聘による研修会実施及び各事業所視察による外部指導を受けました。特養本入所者及び新規ショートステイ利用者の受入れ時や新規入職職員採用時のPCR検査実施、12月には危機管理徹底強化として、法人感染症対策本部を設置し、法人内事業所全ての利用者、職員の日々の健康状態の報告の義務付け、今年1月中旬に全職員対象の抗原検査を実施する等の対応を図って参りました。その結果としてのこのたびの事態発生を真摯に受け止めます。具体的に、職員1人1人の日常業務の中での行動の見直し、安心・安全なサービス提供が知識、経験からしっかり担保された介護・支援の基本の見直し、そのための利用者の皆様個々のケアプランに基づくサービス提供の重要性が課題として示されました。このたびの件を教訓とし、今後も対処対応につきましては関係機関と連携を図ると共に、法人全職員がより一層の危機管理意識を持ち、職員・利用者共に「いのちを守る事」を最優先とした対応を図って参ります。
最後になりましたが、上田保健所のご指導、職員、利用者の入院等受入れを頂いた医療機関、東御市をはじめとした行政、関係機関の皆様のご協力及び温かい励ましのお言葉を頂戴しましたご利用者、ご家族の皆様にあらためまして衷心より感謝申し上げます。

社会福祉法人ちいさがた福祉会
理事長 太田 心平
業務執行理事兼対策本部長 茅野 隆徳

社会福祉法人ちいさがた福祉会感染症対策本部
住所 東御市常田2番地1
電話 0268-64-7200(フォーレスト)

PDFファイル[11-1.pdf]

 

 

 

 

 

 

若葉